生きているミュージアムNIFREL(ニフレル)でシロウオ初展示!

DSC_8641

ニフレル外観正面

吹田市で大人気の博物館ニフレルにて、湯浅町と広川町の間を流れる広川で採れたシロウオの期間限定展示が始まりました。

 

【シロウオの展示】

《展示期間》2021年3月9日(火)~4月上旬予定

《展示場所》1階「わざにふれる」ゾーン

《展 示 数》広川で採れたシロウオ約300匹

《お問い合わせ》ニフレルインフォメーション TEL:0570-022060

※生きものの状況により予告なく展示を変更または中止をする場合があります。

 

【生きているミュージアムNIFREL(ニフレル)の施設紹介】

《所 在 地》吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内ニフレル

《営業時間》平日10:00~18:00/土日10:00~19:00

《休 館 日》年中無休

《HP》https://www.nifrel.jp/

 

シロウオは春に卵からふ化し、翌年の春に繁殖して一生を終えるため、採集できる期間が限られており、さらに体が傷つきやすいことから飼育展示が難しく、その姿を見る機会も多くありません。

 

大阪市内にお住いの方は、是非この機会にシロウオの生体をご観覧ください♪

 

【写真提供】NIFREL

あああ





↑PAGE TOP