立石道標

立石道標 たていしどうひょう

熊野古道沿いに天保9年(1838年)に建てられた2.35メートルの大きな石の道標です。
四角い石の面には、東西南北の方角と「きみゐでら(紀三井寺)」「すぐ熊野道」「いせかうや(伊勢高野)」などと巡拝地名が記されており、各地へ巡礼をおこなう人々の道しるべとなっていました。

住所
〒643-0004 和歌山県有田郡湯浅町湯浅