必食「しらす丼」は鮮度が命!

しらすの水揚げ量が県内トップの湯浅町では、1年を通して穫れる質の良いしらすが自慢です。中でもしらすに最もおいしくなるのが春と秋。この季節には柔らかく脂ののった稚魚たちが、水揚げされて間を置かずに地元の職人さんによって釜茹でされます。釜を炊く時間は、浜や加工場など町内あちこちにおいしい香りが立ち込めます。

しらす漁はたいていが2隻の小型船で網を曳く2艘曳き、通称「バッチ網」という漁法が主流です。湯浅でもこの漁法を中心にしらす漁が盛んに行われています。網を曳く2隻に加え、漁は魚群探知船を兼ねた運搬船も加わった3〜4隻のチームプレー。漁師さんたちは網やその立て方にそれぞれ工夫を凝らしています。

「生」でいただく港町ならではの贅沢

実は「しらす」とひとくちに言っても実は種類がいろいろあるのはご存知でしょうか。本来の意味での「しらす」はうなぎ、アユ、イワシなどの稚魚の総称ですが、一般的にしらすと呼ばれるのはイワシの稚魚のこと。そのなかでもカタクチイワシ、マイワシ、ウルメイワシなど、実は種類が3種あるんです。

このイワシの稚魚を釜茹でしたものを地元では一般的な「しらす」と言います。そして、これを半日程度天日干しし、乾燥させたものは「ちりめん」と呼ばれます。小さいとはいえ一度に何匹もの魚を丸ごといただくことから、当然栄養は満点。現代人に必要なカルシウムをはじめ、コレステロールを下げると言われるEPAなどもふんだんに含まれています。

釜揚げのしらすはもちろん、海に面した湯浅町だからこそ楽しめるのが、新鮮な「生しらす」です。透き通るほど美しく輝く生しらすは、とにかく鮮度が命。プリッと弾けるような見た目に反して、舌先でとろけるような食感は、一度食べると感動すること必至です。まさに港町だからこそ味わえる食文化は、ぜひとも味わっていただきたい湯浅の極上グルメです。

紀州湯浅の名物「しらす丼」

さて、ここでしらすを食べたくなった方におすすめなのが、シンプルかつベストな食べ方「しらす丼」です。湯浅町内には美味しいしらす料理を提供してくれるお店がたくさんあり、中でもご当地グルメとしてしらす丼が人気です。しらす満載の丼に湯浅の醤油をかけたものが基本ですが、釜揚げしらすだけでなく生しらすの丼があったり、トッピングに工夫が凝らされていたりと、それぞれにアレンジが違い、店ごとの味が楽しめます。

しらす丼のある店は店頭にたなびく「しらす丼」の幟が目印。湯浅ごはんを片手にしらす丼巡りもおすすめです。

美味しいしらす丼を食べるなら

湯浅町で美味しいしらす丼が食べられるお店をご紹介します。

1.がけっぷち
とれたて新鮮な地魚料理が自慢!安くて満腹おいしいお寿司屋さん

2.湯浅温泉 湯浅城(ゆあさおんせん ゆあさじょう)
「一度はお城に泊まってみたい…」そんな願いが叶うお宿!極上のお料理と天然温泉が自慢です
※お食事のみご利用のお客様はお電話にてご予約が必要です

3.レスト喫茶 ドンキー
店主こだわりの名物カレーやボリューム満点のランチが味わえる駅前のレスト喫茶

4.日本料理 横楠
落ち着いたくつろぎの空間で湯浅名物生しらす定食や美味しい丼物が味わえるお食事処

5.お食事処 海ひこ
海鮮丼や生しらす丼が人気!酒の肴から一品料理まで…こだわりの海鮮料理が味わえるお食事処

6.湯浅美味いもん蔵
伝建地区まで徒歩1分!観光用駐車場すぐそばの物産店&お食事処

7.夢の味 はたよ食堂
揚げたてサクサクの「名物しらす天丼」が人気!昭和レトロな店内が自慢のお食事処

8.松由
いけすから水揚げされる新鮮な活魚と旬のお料理を味わえる割烹寿司屋

9.かどや食堂
生しらすと釜揚げしらす、2種類のしらす丼が味わえる駅前のお食事処